健康に被害を及ぼす歯周病

歯周病は痛みもなく進行するため、ご自分が罹患していることに気づきにくいという特徴があります。 どのような症状が出るのかを知っておくことで、重症化する前に気付くことができ、早期に治療を開始することもできます。 生活の中で現れる顕著な症状について見ていきます。

歯周病がもたらす生活への影響

歯周病とは、細菌感染によって起こる炎症性の疾患です。
歯茎の腫れや、歯を支えている顎の骨が溶け、最終的に歯が抜け落ちてしまう事もあります。
口の中には400~700種類もの細菌が生息しており、そのままでは無害なものの多いですが、歯磨きが充分でなかったり、砂糖を多く摂取することでネバネバしたプラーク(歯垢)という物質を作り出し、歯の表面にへばりつきます。
プラークはうがいをしただけでははがれず、時間がたつと歯石という、ブラッシングでも取れない物質に変化します。
歯垢の中に生息する細菌が、歯と歯茎の間の歯周ポケットなどに入り込み、歯茎に炎症を起こしたり、歯を支えている顎の骨にまで影響を与えます。
骨が炎症を起こし、説けてしまうと、歯を支えていることができなくなり、抜けてしまう、という事につながるのです。

そして、歯周病の怖さは歯が抜けてしまうことだけにとどまりません。
歯周病は感染症です。
炎症を起こす細菌は、毛細血管に侵入し、体内へと入り込むこともあります。
血管の中に侵入した歯周病菌は、血管内でも口腔内と同じようにネバネバしたプラーク(脂肪性の粘着物)を作ってしまうことがあります。
これが血管内に付着してしまうと血管内が狭くなったり、はがれて、血管をふさいでしまうことも起こります。
血管の位置によっては脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもつながってしまうのです。
また、糖尿病との関係は、研究が進んでおり、糖尿病の患者が歯周病を併発する確率が非常に高く、歯周病の症状が改善すると、糖尿病も改善する傾向にあることが分かっています。
その逆もあり、歯周病が悪化すると糖尿病の悪化につながる可能性があります。

身体に打撃を受ける前に行える歯周病治療についてまとめました。

歯周病が進行してしまった時の治療

痛みもなく進行してしまうため、気が付くと重症化してしまっているのが歯周病です。 歯茎や歯槽骨が一度破壊されてしまったら、症状の改善が望めても、破壊された組織の再生には非常に大がかりな治療が必要になります。 早期の治療にはどのようなことが有効なのでしょうか、

重症化してしまった歯周病の治療方法

歯石の除去や、歯を固定するなどでのかみ合わせの調整などの基本治療を続けても、症状が改善されない場合もあります。 歯周ポケットの深さが改善されないと、細菌の侵入を抑えることができず、歯槽骨の破壊を食い止めることができないので、重症化してしまうのです。