>

歯周病が進行してしまった時の治療

初期治療が完治へのカギ

進行の軽い歯周病であれば、付着したプラークや歯石を取り除くことで、症状を改善することが可能です。
正しい治療を行うためには、治療方針を検討することも含め、歯科診療を受けることが必要になるでしょう。
進行の程度にかかわらず、初期の治療で行われるのが歯垢や歯石の除去、歯の根の面の滑沢化、そして歯の動きやかみ合わせの確認、調整です。
プラークの除去は「プラークコントロール」と呼ばれており、固まってしまった歯石の除去を行った後の「プラークコントロール」はご自分でチェックしてこまめに行っていくことになります。
歯科診療の時に、歯石の除去等の診療と合わせて、正しいブラッシングの方法についてレクチャーしてもらえます。
こまめな「プラークコントロール」が完治のカギでもあるんです。

歯がぐらぐらしてしまっている

歯周病が進行すると、歯の根の部分の歯槽骨の組織が破壊され、歯がぐらついてきます。
動いてしまっている歯でそのまま噛み続けると、痛んだり、歯槽骨への負担が増してしまい症状の悪化にも繋がります。
まずは、歯や歯槽骨への負担を軽減するために歯を削ってかみ合わせを調整したり、歯科用の接着剤で隣の歯と接着することで、動くのを抑えたりする治療をする場合もあります。
このような処置を施しておくことで、症状が改善されるのを待ちます。
歯と歯茎の間の隙間「歯周ポケット」の深さが2~3㎜程度で保たれるほどに、口腔内の環境が改善され、歯のぐらぐらも収まってくれば、あとは定期健診で定期的に症状を確認する程度の治療に切り替わります。


この記事をシェアする